やってはいけないニキビ対策

ニキビケアをする前にしっかり知識を見につけておけばよかった…!と後悔した人は少なくありません。情報化社会である今の世の中、様々なニキビに関する対策方法がいろんなところに載っています。

 

友人が成功したから自分も大丈夫だろうと決め付けてはいけません。

 

自分の肌質は人とは違います。自分には自分の肌質に合っているニキビ対策を行っていくことが大事なことになります。今回は、正しいニキビ対策と皆が勘違いしやすい、本当は間違った方法をいくつか挙げていきたいと思います。

 

●女性に人気のスクラブ

粗い粒で毛穴の汚れを取り除くことができる商品として人気のあるスクラブは、逆にニキビを悪化させてしまう恐れがあります。

 

ニキビ肌はできるだけ優しく洗顔をすることが第一優先です。刺激を与えることだけはやめておきましょう。スクラブは古い角質を取り除いてくれる力もありますが、肌を痛めてしまうので使わない方が良いでしょう。

 

●洗顔のしすぎはNG

よくありがちなのが頻繁に洗顔をすることです。
ニキビ対策として常にお肌を清潔に保つことは大事な要素となってきます。

 

しかし、洗顔をしすぎるとお肌に刺激を与えてしまう回数が増えるということにもなるので、ニキビをより悪化させてしまいます。
洗顔は1日2回程度、朝と晩にする方が丁度良い回数となります。

 

●ニキビを触る・潰す

出来てしまったニキビを気にする気持ちは分かりますが、気にするあまり触ることは逆効果になってしまいます。汚れがついている手で触ってしまうと菌が入ってしまうこともあります。ニキビが出来ても絶対に触らず、つぶすこともしないようにしましょう。