ニキビを作らないための基本

ホルモンバランスの乱れが原因でできる思春期ニキビと大人になり、生活習慣や食生活の乱れからくることが多い大人ニキビが発生する前に、自分の心がけ次第で対策を行うことができます。

 

ニキビが出てきてから悩むよりも、出てこないように気をつけた方が楽ですよね。
それでは、どのようなニキビ対策があるのかみていきましょう。

 

●1番大事なのは食事

毎日食べることになるご飯の栄養バランスは非常に大事なポイントとなってきます。

 

低カロリーの日本食が減り、欧米化しつつある日本の食生活ですが、ニキビ対策としては油っこいもの、甘いもの、刺激があるものは控えておいた方が良いでしょう。
お肌の赤み、炎症を抑制する力を持つビタミンB2、B6を摂取するように心がけて下さい。

 

ワカメ、ウナギ、カツオ、マグロ、にんにく、銀杏といった食べ物に多く含まれています。

 

●お肌を常に清潔に保つ

なぜニキビができるのか?日頃の生活習慣も影響しているということを忘れないでおきましょう。例えば、汗を拭く時に汚れたタオルを使ったり、ベッドのシーツが汚れているとお肌に悪い菌がついてしまいます。

 

ニキビを発生させないようにする為にもお部屋から使うものまですべて清潔にしておくことが大切です。洗顔やスキンケアで綺麗にするだけでなく、身の回りのものにも注意を配っていきましょう。

 

●水分を摂る

人間の体は約70%、水で出来ています。水分を摂らないだけで血液中に含まれる老廃物が溜まってしまい、ドロドロで不健康な血になってしまうのです。

 

皮膚の治癒力や抵抗力が低下し、ニキビを引き起こす菌を呼び寄せてしまいます。体の内側からニキビ対策を行うことも大事です。