ニキビと吹き出物の違いは?

ニキビと吹き出物の違いはなんでしょうか。一般的にニキビというと思春期ニキビを指します。

 

小学校高学年から中学生くらいに出始めて10代の終わり頃までに落ち着いてくるのが思春期ニキビです。吹き出物は、思春期ではない世代に出来るニキビのことです。

 

思春期が過ぎてニキビがやっと落ち着いたと思っても、
思春期ニキビほどでは無いとしてもニキビが出来ることはあります。

 

吹き出物のことを最近は、大人ニキビと呼ぶことも多いです。

 

思春期ニキビと吹き出物が異なるのは、ニキビが出来る根本原因が違うからです。
思春期ニキビの場合は、成長ホルモンの作用によりますが、大人ニキビは違います。

 

寝不足、ストレス、栄養の偏り、女性のホルモンバランスの変化、肌の乾燥、喫煙等の様々な要因で起こります。ホルモンバランスの乱れでニキビができる場合、大きな白ニキビがあごやおでこにできる事が多いです。

 

反面、大きな環境変化等によるストレスの場合、見たら驚く程、顔一面にニキビができることもあります。この場合、ストレスを感じなくなってくるとニキビも大幅に改善されます。

 

ニキビと吹き出物では、ケアの方法も同じ部分もあれば、
違う部分もありますから自分のニキビの原因を元に対処するのが望ましいです。