ニキビに効果的な成分

洗顔料やニキビ専用の化粧品にはどのような成分が含まれているのでしょうか。

 

ニキビに効果的とされる成分でも様々な種類があり、それぞれどのような影響があるのか特徴があります。特徴別に効果的な成分を挙げていきたいと思うので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

●殺菌作用

ニキビはアクネ菌が広がりることで発生しやすくなります。

 

アクネ菌を排除するためにも殺菌作用がある成分は欠かせません。サリチル酸、イオウ、ピオニン、イソプロピルメチルフェノールなどが挙げられます。

 

ニキビの化粧品によく見られるのは、イオウです。
イオウは殺菌作用だけでなく、ニキビを悪化させないように抑制する力も持っています。

 

●炎症抑制

ニキビの炎症を抑制してくれる成分は、グリチルレチン酸、アラントイン、オウバクエキスがあります。

 

既にお肌に出来てしまったニキビをこれ以上悪化させないようにする為にもこれらの成分は必要です。赤みを改善し、過剰な皮脂の分泌も抑えてくれる効果があります。

 

●ピーリング効果

ニキビ改善策としてスキンケアにピーリング効果のある化粧品を使用することもポイントとなります。ピーリングとは、古い角質から新しい角質に生まれ変わらせることができる方法です。

 

レチノイン酸、サリチル酸、グリコール酸、乳酸といった成分が挙げられます。余計な汚れが詰まってしまっている毛穴から新しく綺麗な毛穴に変わることができるのでニキビ対策にもなるでしょう。