界面活性剤はニキビに危険?

私たちの化粧品やシャンプー等には、界面活性剤が使われているものが多くあります。

 

それはなぜかと言うと、高い洗浄効果があるからで、私たちの身体の汚れをしっかりと落としてくれるからでしょう。しかし、それが、逆に私たちの身体を脅かしているとしたら、貴方ならどうしますか?特に、ニキビに対しては危険信号なのです。

 

●界面活性剤とは?

それでは、界面活性剤とは一体何なのでしょうか?

 

本来、水と油は交わらないものですが、水と油の間にある境界線があり、界面と言うのですが、この界面の性質を変えることで、水と油を混じりやすくさせるのです。

 

界面活性剤では、これらの界面に働きかけて、性質を変える活性剤のことです。

 

ファンデーションの油や頭皮の皮脂等もしっかりと落とすことが出来る、強い洗浄力を持っている為、数多くの化粧品やシャンプー等に使われています。

 

●ニキビ肌には危険信号?

洗浄効果が高いと言うことで、界面活性剤入りの商品は人気が高いのですが、洗浄効果があまりにも高すぎる結果、肌にはかなりの負担がかかっているのです。

 

例えば、ニキビ肌は、肌の状態がとてもデリケートになっており、ちょっとしたことでも炎症を起こし、悪化させてしまいます。

 

洗浄効果が高いと言うことは、肌への負担がかなりかかりますから、デリケートな状態であるにきびにとっては、とてもダメージが大きくなってしまうのは、頷けるでしょう。出来れば、天然素材の肌に優しい成分配合の石鹸やシャンプーを使うことが、にきび改善には有効なのです。

 

●洗顔料は、天然素材がお勧め!

ニキビ肌には、界面活性剤が良くないと言うことで、毎日行う洗顔では、出来れば天然素材の物をと使うことがお勧めです。又、洗顔フォームよりも、固形石鹸が良く、専用泡立てネットで十分に泡立てた泡を使って、優しくマッサージをするように洗うだけで、十分汚れは取れます。

 

天然素材なので、刺激も少なく、ニキビ肌と言ったデリケートな肌にとても効果的なのです。

 

界面活性剤は、効果が高い分、副作用もあり、使用の際には十分注意が必要ですが、ニキビ肌においては、出来れば使わないように心がけてください。