ニキビに有効なグリチルリチン酸ジカリウムとは?

ニキビは顔に出来てしまうと、人に見られて、恥ずかしいですよね。

 

女性の場合は、化粧によってごまかそうとするのですが、油性のファンデーションは、余計ニキビを悪化させてしまう恐れがあるので、十分注意が必要です。

 

そこで、ニキビに適したケアが必要なのですが、最近、グリチルリチン酸ジカリウムが話題になっています。グリチルリチン酸ジカリウムとは、一体何なのでしょうか?

 

●グリチルリチン酸ジカリウムとは?

あまり知らないと言う人も多いのですが、元々漢方薬の原料として使われていたのが、このグリチルリチン酸ジカリウムです。

 

甘草の根っこに含まれる成分で、抗炎症作用があるので、口内炎等に効果が期待出来ます。天然成分なので、特に副作用も心配なく、安心して服用することが出来ることも、人気の秘密と言えるでしょう。

 

●グリチルリチン酸ジカリウムとニキビの関係性

抗炎症効果が高いと言うことで人気のグリチルリチン酸ジカリウムですから、当然炎症によって起こるニキビに対しても効果が期待できるでしょう。

 

赤ニキビのような炎症が酷い状態を緩和させることで、痛みや痒みから回復し、ニキビ治療が望めます。しかし、これはあくまでも第三者的な見解であり、ニキビはれっきとした皮膚病なので、きちんと医療機関によって治療することがお勧めです。

 

医師によって診断されたニキビは、処方された薬でしっかりとケアすることが出来るからです。

 

●副作用の心配はある?

特に副作用が無いとされているグリチルリチン酸ジカリウムですが、一日の摂取量は決まっていて、それ以上摂取してしまうと、偽アルドステロン症という症状が出て、高ナトリウム血症や低カリウム血症を引き起こし、塩分が多くなった体は、腎臓に負担がかかってしまいます。

 

指示された量は必ず守るようにしてください。

 

このように、グリチルリチン酸ジカリウムは、効率的にニキビケアが出来ると推奨されていますが、適応量を守り、ニキビ治療に効果的な方法で摂取するように心がけましょう。