あなたは大人ニキビ?思春期ニキビ?

思春期ニキビの場合、10代が中心です。成長ホルモンの作用で皮質が過剰分泌されることにより、毛穴が皮脂で詰まってニキビの原因になります。思春期の肌は、ベトベトで脂ぎった感じです。

 

大人ニキビは、乾燥が原因で肌が硬くなり、毛穴が詰まってニキビを起こすのが一番大きな要因です。思春期ニキビと同様に毛穴が皮脂で詰まった状態ですが、乾燥しているため、潤いを補う必要があります。

 

  • 思春期ニキビ⇒過剰な皮脂分泌で毛穴が詰まるのが原因
  • 大人ニキビ⇒乾燥により毛穴が詰まるのが原因

 

毛穴の詰まりが解消され、肌が潤って柔らかくなれば、大人ニキビは改善します。
10代後半から20代前半くらいまでは、肌がオイリーからドライに変化していきます。

 

思春期ニキビの頃から同じ洗顔石鹸や洗顔フォームを使っている場合、気がつかないうちに大人ニキビに移行している方もいます。これは、もう、皮脂の過剰分泌が治まっていることに気がつかずに、皮脂を過剰に取り除き過ぎたために乾燥肌に移行したということです。

 

乾燥肌になると、肌は潤いを取り戻そうとしてTゾーンだけがテカったりしますから、オイリー肌だと錯覚してしまうんですね。また、生理前だけニキビができる方がいますが、ホルモンバランスの変化によるものです。

 

生理前のニキビもニキビ用洗顔をしていると、いつもより症状が悪化しないまま小さいうちに萎んでしまうこともかなりあります。自分のニキビのタイプを知ってお肌を健康に保ちましょう。